仮想通貨取引所のハッキングが止まりませんね…。有望なブロックチェーンのイメージが損なわれてしまうのを嘆いているハッシュ(@e_hash104)です。

自分達の利益しか見ていない取引所なんて、絶対に使ってはダメですからね。ハッキングされたから悪いというわけではなくて、当たり前のことさえやってない事が問題なのですよね。

他人様の資産を預かっているという認識があまりにもなさ過ぎる。あまり乗り気の記事ではなかったのですが、とりあえず少しでもまともな取引所が残ってくれるように励みたいと思います。

仮想通貨取引所の開設は必要最低限から始めよう!

今回は、私が利用している取引所の中で最初にお薦めできる取引所をいくつかピックアップしてお伝えします。た〜くさんありますが、たくさんの取引所を利用すると確定申告の時などかなり面倒ですし、暗号資産(暗号通貨)も取引所やウォレットを移動させれば手数料もかかります。

本当に必要なものを国内で1〜2つ、海外で同じく1〜3つ口座開設すれば十分じゃないでしょうか。取引所ごとに取り扱いのある通貨というのが限られています。

もし、自分が購入したいコインが既に口座開設済みの取引所でその取り扱いが無ければ、扱っている取引所の口座を開設するしかありません。まぁ、そういうのはおいおい考えれば良いです^^

結論から言うと、最初にbitbank、次にBinance、最後にChangellyで十分。あとは必要になってから開いていけば良いですよ。

 

世界基準の安全から見る日本の暗号通貨取引所って?

まずは2019年1月にCERが発表したランキングをご覧ください。

CER による取引所ランキング結果リスト

 

ダブルクリックで画像大きくなりますからね^^

ハッシュがイチ押ししている bitbankやBinance の評価も見てくださいね〜。ハッシュの独りよがりオススメではないことだけは分かってもらえると思います。

このCERのランキングをもう少し詳しく見てみたかったら、CERサイトをのぞいてみてください。

 

国内取引所

さて、まずは国内の取引所からいきましょう。

国内の取引所を使う理由は、円(JPY)で暗号通貨を購入するためだけです。その必要がなければ、国内の取引所を使う理由ってあるんでしょうか?w最近は海外の取引所でも円(JPY)を取り扱うところが出て来ています。

ただし、金融庁の海外業社に対する締め付けは半端ないので、この鎖国が続く日本では一応日本の取引所を開くことをお勧めしておきます。

いくつもあるのですが、もうここだけで良いですw色んな所が紹介されていますが、結局長い間トラブルを起こしてないのはここだけと言って良いのではないでしょうか?

安全が一番なのに、みんな余計なことに惑わされます。bitbank以外がいい人はググって他をさがしてみてください^^

 

  1. bitbank
    bitbank

     

    ※bitbankは口座開設を超丁寧に説明しているサイト自社で用意しているので、ハッシュの出る幕は微塵もありませんw

     

海外取引所

海外の取引所は非常に悩みますが、やはりこのラインアップになるでしょうか(笑)

  1. Binance(バイナンス)
  2. Bittrex(ビットレックス)
  3. Changelly(チェンジリー)

ちなみに、私は国内外で15-20くらいの取引所の口座開設をしています。

ナンバー1はやっぱりバイナンス(Binance)

暗号資産を取引していてバイナンスを知らない人とか、口座開設してないって人っているんでしょうかね?もうそれぐらい開設必須です。

日本人は特に金融庁の意味不明な圧力によって、口座開設ができなくなってしまうことが多いです。開設できるうちに口座開設しておきましょう。

ちなみに、バイナンスにはBinance DEXという分散型の取引所もオープンしているのですが、恐らく2ヶ月後となる2019年9月には日本人は締め出し食らうという話です。

 

\1から丁寧に口座開設を手助けしてますよ〜/

ナンバー2は僅差でBittrex

一時は新規口座開設ができなくなったほどの人気取引所。取扱通貨も200以上あるので無駄に多いとも言えますがw、選択肢が多いのはやはりメリットですかね。

でもいわゆるトレードをする人とかには、チャートやその信頼性も含めてお薦めできますが、普通にトークンを購入し、ガチホ するとかだったらバイナンスの方がなにかととっつきやすいんですよね。

この辺は好みで♪なんなら両方を使い比べてみても良いかもしれませんね。

 

3位は唯一無二な存在のChangelly

3番目に挙げさせていただいたChangellyは普通の取引所とは異なり、コイン同士を手数料0.5%というお得な手数料で、しかも自分のウォレットに入ったまま交換出来るという他の取引所には無い特性を持ち合わせています。

それの何が凄いかを説明していきます。普通は売買する時にその取引所にコインを送らないといけません。そこに保有するコイン送った上で、そのコインで目的の別コインを買う又は交換する必要があるためです。

取引が終われば、購入したコインをまた自分のウォレットに送り直したして…。どんだけ手数料が無駄になるんだよって話です。そのもろもろのコストをChangellyを利用することで節約出来るという訳です。

もちろん、Changellyを利用する時にも費用はかかりますが、先述したように取引手数料はたったの0.5%で、それにネットワーク手数料が加算されますが依然得お得です。

自分がいざこのコインが買い時だ!と思って買おうとしても、送金に思わぬ時間がかかったりしてチャンスを逃したりしたら本当に後悔しきれないですからね。Changellyはコイン同士の交換において不便でコスト高になりがちな所を解決してくれるので、本当にイチオシです。

あまり大きな声では言えませんが、クレジットカードを使って暗号通貨を購入することも可能です。日本の金融庁はこういうのを嫌います…。現に、昔は日本語対応していたのですが、今は日本語変換出来なくなっています。

日本はいつまでたっても鎖国ですね。クレカ利用手数料が10%と高めなのでクレジットカード利用でのChangely利用はあまりお薦めはしてませんがね。あくまでも、コイン同士の交換に最適だと覚えておいてくださいね。

注意点としては、Binanceとかで取引可能な場合、そちらの方がお得な場合がありえます。なので、例えばいつも利用している取引所で、XRPでNPXSを購入したいと考えていたとします。ですが、Binanceを始め他の多くの取引所では、一旦XRP→ETH(or BTC)に変えてからでないと、NPXSを購入出来ません。

こういった一回余計な取引を挟む場合などは特にChangellyがお得ですので、覚えておいてくださいね^^

おまけとして、下に設置したChangellyのウィジェットで、交換レートが簡単に調べられます。なんなら実際に交換できてしまいます!数字を入力して事前に交換レートを確認するだけでも可能です。最後のステップまで進まなければ安全ですので、心配なさらずに(笑)

このブログは信頼とあなたの明るい未来のための投資を応援する場所ですからね^^大変重宝しますので、まずは数字を入れて遊んでみて下さい(笑)

それでも不安な方は、以下のリンクから口座を開いてご利用ください。

 

\最高レベルで手とり足とり解説w/

 

 

 

 

スポンサーリンク

Twitterでハッシュ(@e_hash104)をフォローしよう

おすすめの記事