合格保証制度アリ!無料ビデオカウンセリングで詳細を聞こう!

人工知能特化型プログラミング学習サービス「Aidemy Premium Plan」の無料ビデオカウンセリング受講&講座申込み人工知能特化型プログラミング学習サービス「Aidemy Premium Plan」の無料ビデオカウンセリング受講&講座申込み
トークンとコインの違いに迫るアイキャッチ画像

コインとトークンの違い

 

コインとトークンの違い イメージ画像

コインとは

コイン(Coin)の代表例と言えば、BTC, XRP, Dash, Monero 等があります。

有名どころですねぇ〜(笑)

その特徴は、ナント言っても価値を保有し、通貨としての機能を持つことです。

ある意味、仮想通貨と言われて真っ先に思い浮かべるのもこういう通貨の側面が強いコインではないでしょうか?

 

トークンとは

一方で、トークン(Token)の代表例はもう圧倒的にEthrium(ETH)でしょう。

前述したコインの代表例と比べれば同じかそれ以上に有名なのですが、トークンに分類されます。

よく ICO の支払いなどでも使われたので、これもコインじゃないの?と思うかもしれません。

しかしトークンは、よくそのプラットフォームを動かすのに必要な『燃料』に例えられることが多いです。

コインとトークンの分類表

 

 

具体例(REMの場合)

具体例として、私が推しているREMを挙げさせてもらいます。まず最初にごくごく簡単にREMME(REM)を簡単に説明させてください。

採用企業がパスワードを一切使わず、且つパスワード相当の情報が全てブロックチェーン上に保管され、認証されるというセキュリティートークンです。

Token(トークン)としての例としてREMMEを紹介するイメージ画像

 

現存するセキュリティーは、複雑な文字数列の組み合わせや、指紋、虹彩などなどがありますが、どんな認証方法を用いたとしてもその情報自体を保管したり認証したりする機関にセキュリティー上の欠陥があれば、そのシステムを採用している企業データは丸ごと盗まれる危険があります。

どんなにしっかり保管しようが、現在まで数々の漏洩やらハッキングが起きているという現実をみれば、いかに現在のセキュリティー技術に問題が多いかがわかりますよね?

そんな既存の脆弱性を含んだセキュリティーに対し、REMはその情報さえもブロックチェーン上で保管されるため、その特性上全て分散されて保存されているため、全てを実質盗み出したりアクセスすることは不可能になります。

そのパスワードを認証する作業をする際、REMトークンがその認証作業に使われ、その認証作業を行うマスターノードと呼ばれるREMホルダー達への手数料としてもREMが使われるのです。

つまり、REMトークンが無いとセキュリティー認証をするために生まれてきたREMMEプラットフォーム自体が機能しないというわけです。自動車で考えてみると、その役割はまさしく『燃料』そのものですね!

まとめ

少しでもコインとトークンの違いが伝わったでしょうか?技術に裏打ちされている仮想通貨だけに、こういう知識の小さな積み重ねが後のもう少し難しい仕組の理解に役立つと信じて記事にしました。

こんなエポックメイキングな時代に生まれたうちらは超絶ラッキーですね(^_-)-☆

 

スポンサーリンク

Twitterでハッシュ(@e_hash104)をフォローしよう

おすすめの記事