合格保証制度アリ!無料ビデオカウンセリングで詳細を聞こう!

人工知能特化型プログラミング学習サービス「Aidemy Premium Plan」の無料ビデオカウンセリング受講&講座申込み人工知能特化型プログラミング学習サービス「Aidemy Premium Plan」の無料ビデオカウンセリング受講&講座申込み
RemmeによるサービスSwapyのイメージ画像

 

ハッシュが全力で応援しているプロジェクトRemmeが提供している超お得に暗号通貨同士を交換できるサービスです。

ChangellyやBancorと似たサービスですが、当然ながらRemmeのREMトークンが購入出来るのが何より大きいです。

ちなみにこのSwapyは、15以上の取引所にレートを参照しにいって、ベストプライスを取得してくるのでかなりお得です。

 

ちなみに、サイトでは【Beta】となっていますが、ハッシュ自身も何度も利用済みですし、世界中から集まっているRemmeコミュニティ内の他のみんなも既に使っています。

更には、Beta版のうちだけ交換手数料がナント無料!!!!!

正直使わない意味が分かりませんww

運営側も完全にGOサインを出しているので安心してくださいね^^

ちなみに、問題が起きたらサポートもしっかりと対応してくれるので、作業中は念のためにスクリーンショットを撮る癖をつけておきましょう。

これは、どこで交換・売買するときも同じです!

では、まずはその仕組みを簡単に説明しておきます。

 

Remmeによる通貨交換サービス・Swapyの仕組みとメリットを理解する

Swapyの仕組みと実例

【BTC→USDTに交換する場合】

Swapyの通貨交換の仕組み図

 

  1. まずは自分のウォレット、もしくは取引所の口座にBTC/ETH/USDTのいづれかを準備します
  2. Swapyの指定アドレスまで送りたいコイン/トークンの数量だけ送ります
  3. Swapyが他の似たようなサービスよりも20%良いレートで交換できるレートを取得してきます
  4. Swapyの口座にベストなレートで取得した交換したい通貨であるUSDTが振り込まれます
  5. 最後に、あなたの指定ウォレットにUSDTが振り込まれて交換終了です

 

Swapyを使うメリット

Swapyを使った通貨の交換は非常に簡単な上に、いくつかのメリットがあるので挙げてみますね。

  • そのトークン/コインが上場している全ての取引所の板を参照している
  • アカウントさえ作る必要がなく、いきなり使える!
  • あなたの注文をベストプライスで取引できるように必要な取引所に割り当てます
  • 他の取引所で交換した場合と比べて実際にどの程度節約してお得になったかを明示してくれる
  • 万が一にも交換レートで劣った場合は手数料さえ無料になります(beta版では手数料無料!!!)
  • 手数料自体もどれくらい節約できたかの割合で決まるから良心的
  • 手数料収益がRemmeプロジェクトを支える1つの柱になる

 

RemmeのSwapyを使って実際にREMトークンをゲットしよう!

まずは、Swapyのトップページに行きましょう!

 

1.交換したい通貨と数量を入力する

上の枠が自分が支払う通貨で、下が交換して手に入れたい通貨です。

下の例では、ETH→REMという交換になります。

ちなみに、下の段の数量は自動的に入力されます。

Remme Swapyのトップ画面入力

 

2. 入力した数量に対する交換割合と注文内容を確認する

数字を確認して【Next】をクリックします。

ちなみにこの情報を見ることで、どれだけ沢山の取引所と交換することによって、より速く、より安く交換しようとしているかが明白です。

Remme Swapyの2step目画面入力

 

3. 自分の受取アドレスを入力する

今回はETH→REMへの交換ですので、REMトークンを保管したいウォレットのアドレスを入力(コピペ)します。

間違いがないか、余計なスペースなどが文字列の最初や最後に入ってないか、十分確認してくださいね。

Remme Swapyの3step目画面入力-自分の受取アドレスを入力する

 

4. 詳細を確認する

表示されている内容で良いかどうか確認して次に進んでください。

※画像なし。すみません…

 

5. 指定アドレスに送金する

指定された数量のコイン/トークンを【To Address】以下に表示されているアドレスに送金してください(今回の場合、ETHを送金する)。

 

6. 取引所またはハードウォレットから送金する

ハッシュは基本的にハードウォレットしか信じていないので、Ledger NanoSを利用してコールドウォレットから送金しました。

下はLedger Liveの画面です。

Gasの調整をして、送金します。

念のために書いておきますが、この時に送金手数料はETHで支払うことになるので、しっかりとその分も口座にあることを確認してから送金してください。

Remme Swapyの5step目画面入力-Gasの調整

 

 

7. Ledger Liveで送金情報を再度確認する

送金内容に間違いがないか、いまいちどよく確認してください!

問題なければ【Continue】をクリックします。

ledger Liveでの送金確認画面

 

8. Swapy側で進捗状況を確認

Swapyで進捗状況が確認できます。

以下の画面のようになれば、全ての取引が完了となり、自分のウォレットにREMが入っているはずです。

そこまで確認できたら、交換作業は終了です。

お疲れ様でした^^

Remme Swapy の最終画面

 

もしSwapyで交換できない通貨を交換したい場合は、Changellyが便利ですのでお試しください。

 

 

 

Twitterでハッシュ(@e_hash104)をフォローしよう

おすすめの記事