NUXトークンエアードロップ(Guardian向け限定)

 

こんにちは、ハッシュ(@e_hash104)です。

今回は、Remmeで【Guardian】ステータスになっている人限定の記事です。

該当する人には、Remmeが世に出したもう一つのプロジェクト、PeanutのNUXトークンがエアドロップされます。これの申請方法ですので、必ず読んで実行してください!

この記事書いた所で、日本でこれに該当する人が何人居るんだろうww

片手で数えられそうな気がしています。ですが、ハッシュの記事でREMを購入した人も居るので、その人たちにはずっと寄り添って行きたいと思っています!

 

NUXトークンのエアードロップ申請方法 for Remme Guardian

まず最初に、これに該当するかどうか分からない人はこちらをご確認ください。

エアードロップ対象一覧(PDF)

ここで、自分のGuardian名があれば見事該当者です♪ちなみに、ただのREMホルダーにもエアードロップあるので、そんな方はこちらから確認してください。

一般REMホルダー向けエアードロップ一覧表(PDF)

尚、一般ホルダーはそもそもERC20アドレスが特定できますので、今回の作業は不要です。

 

まずは一番大事なことをお伝えします。

期限は、2021年3月19日まで

今回の作業の目的は、運営側がGuardianのステータスと配布用のERC20アドレスを紐付けること!

これが出来ないと、Guardianで無い人にエアードロップを配布してしまったり、該当者なのに配布されないってことが起きてしまいます。

では、早速作業手順をステップ毎に追っていきましょう!

 

ステップ 1

Scatterにパスワードを入力して、ログイン(Login)。

 

Scatterログイン画面

 

ステップ 2

REMChain にアクセスし、【Scatter】ボタンを押して連携させます。

 

REMChainとScatterの連携

 

 

ステップ 3

すると、ポップアップ画面が出てきますので、【Login】ボタンをクリック。

 

Scatterポップアップ画面

 

 

ステップ 4

【Token transfer】タブを選択します。

 

REMChain Walletタブ

 

 

ステップ 5

to Account:誰でも良いので受取手となる【Guardianの名称を入力(英数字12文字)】

Amount(REM):【1】と入力

Memo:以下の英文の[  ]の中をご自身のものに変更し、入力後にコピペしてください。[  ]という記号自体は入力不要です。

I confirm that this ERC20 address belongs to me, [あなたのGuardian名称]:[あなたのERC20アドレス]

ここまで出来たら【Generate Transaction】をクリックして、1REMを送信しましょう。

 

REMChain Transferタブ

 

と、ここまでで完了するはずだったのですが、ハッシュはエラー続出で完了できず…😭数時間を無駄にし、イライラMAX…

恐らくなのですが、Scatterが悪いんですよ。Scatterはアップデートされる度に劣悪になっていくので、もうこのScatterとの連携を止めて欲しいです。REMChainとScatterの相性が悪すぎるんです。

 

フッとここで思ったんです。だったら、同機能で別のサイトから同じ事をやれば良いのでは?と。これが可能となるのが、以下のサイトです。

https://remme.bloks.io

みんながこのサイトを使わずに作業を終えられることを祈りますが、同じ作業が必要となってしまった人は参考にしながら進めてください。

Scatter連携(画面右上)→【Transfer Tokens】(画面左)→入力は既述のものと同じです。

 

Blocs.io画面

 

これで、無事に成功しました〜。

いやぁ、マジで1回ハマるとやっかいです。もしハマってしまった人はハッシュにDMください。

では、幸運をお祈りしますww

 

Twitterでハッシュ(@e_hash104)をフォローしよう

おすすめの記事