合格保証制度アリ!無料ビデオカウンセリングで詳細を聞こう!

人工知能特化型プログラミング学習サービス「Aidemy Premium Plan」の無料ビデオカウンセリング受講&講座申込み人工知能特化型プログラミング学習サービス「Aidemy Premium Plan」の無料ビデオカウンセリング受講&講座申込み
地頭をイメージしたトレード日記タイトル画像

 

本日(10/23)のハッシュによるJiatamaFX Scal V2 インジケータを使ったトレードは、EURUSDの2戦のみでした。

今日は2戦2敗🤦‍♂️

負け戦を検証していきましょう!

 

FX トレード日記 Day4

 

通算トレード#5

日付 2019年10月23日(水) 結果 -3.6 pips
エントリー 18:00 エグジット 18:20
エントリーサイン S1 ルール守れた度
感想 エントリーはルール通り。エグジットを青線出現でなく、再度そこを上抜けて来た時に損切りした。こういうアレンジはもう少しデータをためてからにした方が良いね。ただ、損失幅はほぼ同レベルに抑えられている。

 

チャート

2019-10-23_18h20_53 EURUSDチャート

 

 

通算トレード#6

日付 2019年10月23日(水) 結果 -2.6 pips
エントリー 19:09 エグジット 19:21
エントリーサイン S1 ルール守れた度
感想 レンジ抜けで伸びると期待していた。一旦は順行してたものの、勢いがなく逆行。決済を本来すべきポイントとほぼ同値ではしたものの、青線が出てすぐに決済しなかった。抜けて行くイメージが強すぎた。

 

チャート

2019-10-23_19h21_49 EURUSDチャート

 

まとめ

 

\チャートに表示されているインジはこちら⬇/

地頭FXスキャルツールイメージ

JiatamaFX Scal V2 インジケーター

 

ドル円はこの日も「低ボラ」でやれず。

ユロドルは「低ボラ」サインは消えたもののハッキリとしない動きに終始してた感じです。

やっぱりH4と日足の買い場なので、下抜けに期待するのは無理がありましたね。

それに尽きます!

2連敗してしまったので、本日は早々に終了にしました。

連敗するような日には、勝てる可能性が低いですよね…。

仮にこの後動いても悔しがらない。

いつかは動くのだから…。

また明日からトレード&学びをがんばります!

 

スポンサーリンク
コメント一覧
  1. 地頭FX より:

    18時のトレードについて

    ”低ボラ”と表示されていますので、ボラティリティが低く、
    また、Kバンド幅も8PIPS台で狭く、
    トレードは避けた方が無難です。
    チャンスは何度もあります。

    19時9分のトレードについて

    私のチャートでは、"S1"はありません。
    "OK!"のみです。したがってトレードは見送りです。
    パラメータの5番目を変更されていることが、違いとなったと思われます。
    既定値2.5を2.0に変更されているようです。

    このパラメータは、エグジットの目標であるEバンドに、どれぐらい接近しているかを判定しているパラメータです。
    これから値が動いてEバンドに達しても、最低でも2PIPS(0.5はスプレッドです)の利益を得ることできます。また、これくらいの値幅がないと、エグジットの判定が難しいです。あくまでも一つの目安ですが。

    スプレッドが0.9ということですので、
    2.0+0.9=2.9
    にすることをお勧めします。

    • HASH より:

      解説ありがとうございます!
      Trade#5に関しては、低ボラが消えていたと思っていました。
      ひょっとしたらあの時抜けると強く思いすぎてたのかもしれません。
      トレードツールがどんなに良くても、結果が変わる理由がここにありますね…。

      Trade#6に関しては、設定をすぐに2.9にします。
      スキャでやるにはちょっとスプがデカいですね…。
      でも、今はこれで何とかトレードを進め、安定してきたら乗り換えようと思います。

      今日もありがとうございます。

コメントを残す

関連キーワード
FXの関連記事

Twitterでハッシュ(@e_hash104)をフォローしよう

おすすめの記事